受付時間 10:30~18:00(水曜定休)

リフォームで手に入れる、愛犬と私の快適な暮らし

 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

はじめまして。ル・プラスの栗城と申します。
主にプランのご提案をさせて頂いております。
お一人お一人と直接お話をして、お客様だけのプラン作りを心掛けています。

このブログでは、リフォームをお考えの方、生活の中で何か不自由を感じている方に、おススメな情報をお伝えしていきたいと思います。

今回は愛犬と暮らす上でのお悩みについてです。

最近の家はフローリングが主流ですよね?

しかし、フローリングがワンちゃんの足腰に負担がかかっているのはご存知ですか?
日本の住宅は、欧米と違い土地も狭く、スペースが限られています。
最近の小型犬のブームからも、室内で飼われる方が増えていますが、共に生活していく中でちょっとした悩みを抱えている方も多いのでは?
大切なワンちゃんと一緒に快適に暮らすには?
ワンちゃんが抱える負担と、飼い主さんが抱える悩みについて、リフォームをすることで少しでも解決できるかもしれません。

皆様が抱える悩みと解決法についてお話ししたいと思います。

気になるワンちゃんの臭い

ワンちゃんを飼っている方にとって、臭いはそれほど気にはならないものかもしれません。

しかし、来客時に少し気をつかうという方もいるのではないでしょうか?

簡単に臭いを解消できる方法としては、
空気清浄機を置くこと。
または換気扇を設置すること。
こういった機械の力を借りて臭いの元を取り除く方法が考えられます。
最近の空気清浄機は機能も優れているので、設置するだけで効果はあります。

当社はリフォーム会社なので、それにプラスαの方法をご提案致します。

消臭機能をもつ壁材

壁紙の貼り替えも一つの解決方法です。
一般的な壁紙以外に、消臭機能をもつものや、ひっかきにも強く耐久性のあるものがあります。
デザインも豊富で、多くの種類の中から選ぶことができます。
壁の下部分を耐久性のあるものを貼り、上部に消臭機能をもつ壁紙を貼ることで2つの機能を持つ空間を作ることができます。

消臭機能をもつ塗り材

次に塗り壁へのリフォームです。
塗り壁には多数種類がありますが、私がオススメするのはスイス漆喰です。
スイス漆喰の原料は、アルプス山脈から採掘される「石灰岩」です。
アルカリ性なので、月日が経つにつれ硬くなるという性質があり、珪藻土よりも傷つきにくいことから、子供部屋やペットのいるご家庭で選ばれています。
またカビ防止や臭いを分解する機能もあるため、トイレなどに使用すると効果が発揮できます。
実際、当社代表横山の自宅でも採用し、臭いの吸収を日々実感しているとのことです。
先ほどの壁紙のように、壁の下部を腰壁やキッチンパネルのような固い素材にし、上部をスイス漆喰にすることで、臭いとひっかきキズの対策になりますね。

自宅でできるワンちゃんケア

外に散歩に行くことは、ワンちゃんの健康を考えると、必要なことです。
散歩した後は、洗ってあげたり、クリームを塗ったりとケアが必要になってきます。
肉球はとてもデリケート。ただ洗っただけではダメで、しっかり乾かしてあげることが大切なのです。

そこで、ワンちゃん専用の洗い場があるといいですね。
お風呂に入れるのは少し手間がかかりますし、外の水栓で洗ってあげるのも、冬場はかわいそうです。
小型犬なら、洗面のシンクに入れて、洗うことも可能ですが、少し大きくなるとそれも難しいです。

 おススメ!スロップシンク

スロップとは、汚水という意味で、スロップシンクは汚れ物などを洗うための大型の洗い場となります。
近年は、園芸用としても使われる方も多く、おしゃれなデザインのものも出ています。
メーカーによって呼び名は違いますが、普通のシンクとの違いは、深さです。
深さがある為、水しぶきが飛びにくく、小型犬ならそのままシンクに入れてシャンプーをすることができます。
スロップシンクは元々、粘着性のある汚れを洗うことを想定しているので太いパイプに直結されています。
多少の毛が流れ込んでも、メンテ口付きトラップを取り付けることで取り除くことができるのでワンちゃんのシャンプーには適しています。
トリミングショップのシャンプーの金額は、ワンちゃんの大きさによって違いますが、一回に数千円かかります。月に2~3回の方が多いでしょうか?
ちょっとした汚れなら、自宅でシャンプーできるのが理想ですね。
スロップシンクとカウンターを合わせることで、シャンプーからドライヤーまでご自宅でできるようになります。

経済的にも助かり、大事なワンちゃんとの時間が過ごせますね。

ワンちゃんの体への負担について

ワンちゃんが抱える病気

冒頭に話しましたフローリングは、抜け落ちた毛や、床を汚した場合でも簡単にお掃除できることから、ペットを飼っている方に好まれていますが、実際は、ツルツル滑ることから、踏ん張りがきかず、ワンちゃんの足腰に負担がかかっているのです。
滑りやすい床によって「膝蓋骨(しつがいこつ)脱臼」「股関節形成不全」「椎間板ヘルニア」などの病気が増加しているようです。
歩き方や、座り方がおかしいと感じた場合は、こういった病気の可能性があります。
注意して見ていなければいけませんね。

ワンちゃんに合わせて選ぶ床材

第一に床がすべりにくいこと。また、爪を立てて穴を掘る習性がある為、キズが付きにくい床材を選ぶことをおススメ致します。
ペット対応のフローリングもありますが、それ以外の改善方法がありますのでいくつかご紹介します。

  • フロアコーティング

フローリングの上にコーティング剤を上塗りすることで床を保護し、キズをつきにくくします。また塗ることで滑り止めの効果をもたらします。
コーティング剤にはUV、ガラス、シリコン、ウレタンなどがあり、効果や耐久性に違いがあります。
例えば・・・
〇分厚い塗膜で、爪による直接的なダメージから長期間床を守りたい場合→UVコーティング
〇膜面の硬さにより爪によるキズを減らし、目立たせたくない場合→ガラスコーティング
〇滑りにくい床、足腰を守るのを優先させたい場合→シリコンコーティング
と言われております。
金額も違うので、用途に合わせてお選びいただくようになります。
(※因みにUVコーティングが一番高価になります)
これまで主流だったワックスと違い、専門の業者に頼む必要があるのでコスト面では高くなってしまいますが、長いスパンで考えると手間や費用は省ける可能性があります。
イメージ写真 https://tochikatsuyo.biz/floorcoating_syurui_erabikata_osusume/

 

  • タイルカーペット
    30~40㎝程度のパネル状のカーペットで、裏面が塩ビやフェルト、カーペット部分の糸はポリプロピレンやナイロンでできています。
    専門の業者に頼まなくても簡単に貼ることができますし、汚れた場合でも外して洗うことができます。
    衝撃を吸収しワンちゃんの足にも優しく、また耐久性の高い素材なので長期間安心して使うことができます。

  • クッションフロア
    クッションフロアは、ビニール素材でできたクッション性のあるシートです。表面には木目や石目調など、様々なテクスチャをプリント加工してあり、デザインも豊富です。
    タイルカーペット同様、衝撃を吸収し、ワンちゃんの足も踏ん張りやすいので滑りにくくなっています。
    また、水や汚れにも強く、水拭きすることで簡単に汚れを取ることができるので、メンテナンスも簡単です。また安価であることと個人でも施工しやすいことから、多く使用されています。ただ柔らかい材質の為、ひっかきには弱く、長期間きれいな状態を保つのは難しい床材とも言えます。

  • 長尺シート
    クッションフロアと同様、塩化ビニール性の素材でできた床材です。クッションフロアとの違いは、少々の衝撃や摩擦では傷はつきにくく、外履きの場所や、店舗や、薬品を扱うような場所に多く使用されています。
    デザインも多く、表面のプリント加工は、リアルさを追求するため、エンボス加工されています。そのため、本物のフローリングやタイルと見分けがつかないほどです。
    汚れた場合でも、すぐに拭き取ることができるのでお手入れは楽ですが、個人で施工するには難しい床材の一つです。

これらの床材の金額は、現場の状況を見て、現在貼られている床材の種類によっても施工可能かを判断しなければいけないため、その都度お問い合わせいただくことをおススメ致します。

このほかにもペット向けの床材はたくさんあります。
床材を変えるまでもないという方には、カーペットや、コルクのマットを敷くというのも良いかもしれませんね。

まとめとご提案

これまでワンちゃんの臭い、衛生面、体の負担についてお話致しました。
これを踏まえ、実際のお宅を元に、当社ル・プラスのご提案のプランを紹介します。
「物干しコーナーとして利用していた空間を、ワンちゃんコーナーに!」

 

元々窓が取り付けられていた場所を勝手口にすることで、散歩から帰ってきてそのまま洗い場まで行くことができます。
勝手口の横にはフックボードを。リードなどのお散歩グッズをかけられます。
スロップシンクとカウンターをつけることで、シャンプーからドライヤーまでスムーズに行うことができます。目の前にはシャンプーなどを置く棚をつけてはどうでしょう?
床材はクッション性と、メンテナンスを考慮して長尺シートに、壁は下部をキズ対応の耐久性クロス、上部を臭い対策でスイス漆喰としました。

ペットは家族の一員です。
人もペットも快適に過ごせる空間づくりをご提案致します。
毎日生活する場所だから、不自由なく暮らしたいですね。少しの不自由もリフォームで解消できるのです。

まずはお気軽にお話下さい。お店でお待ちしております。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です